先にお休みから。

以前に連絡させていただきましたが、

7月30日~8月3日

までお休みをいただきます。

よろしくお願いします。

 

そして、その間にとあるご夫婦と対決することになりまして。。。

僕はほとんど打てないので、自分の未来の嫁を今強化練習してもらってます笑

(頼むぞ、嫁www)

昨日、二人で70mを射ちに行きましたが矢とクィーバーを忘れていった人がおりまして。。。

特に練習をしないまま戦いに行きます‼‼

頑張ります‼‼‼

 

 

 

さてさて

ほとんどの方はここからに興味がありますよね(笑)

 

CEX1900の使用レポートです。

これは僕が書いても同じだと思ったので、近年に日本代表になられていた方に依頼をしました。

ではその全文を書きに記載しておきます。

すごくしっかりとしたレポートで助かっております‼‼

 

 

CEX1900について

  • テスト時仕様弓具

・MK X10+INNO EX PRIME(68インチ、実質45ポンド)

・アローレングス28.5インチ

 

  • テスト状況

・ダンパーを付けてしまうと、ロッド自体の性能がわかり辛くなる為、センターロッド1本にフラットウェイト1つ、トップウェイト1つで実験を行った。

・比較ロッドはHASCOクロスカーボンロッド、WIN HMC plus、WIN HMC22で行った。

 

  • 結果(良かった順に表記)(あくまで感覚的な部分です)

・振動の持続性

HMC22→CEX1900→HMC plus→HASCOクロスカーボンロッド

 

・初期振動の大きさ

HMC22→CEX1900=HMC plus→HASCOクロスカーボンロッド

 

・弓の飛び出し、直進性

HMC22=CEX1900→HMC plus→HASCOクロスカーボンロッド

 

  • 考察

私の場合、実質ポンドが高めであるため、剛性に特化したHMC22がやはり優位であった。しかしながら、ロッド自体の重さを考慮した場合、HMC22はどうしても重くなりすぎる。

CEX1900であれば、ウェイトバランスの幅も広がるため、セッティングの自由度も上がると考えられる。

また、CEX1900は、HMC plusや、今回は比較していないがカルノスタビライザーよりももう少し弓を重くしたいという場合、あるいは40ポンド以上の弓を使っている人に勧めたいと思う。また、アルミハンドルにも勧めたいと思う。ハンドルでの振動吸収性が少ない分、ロッドの剛性がある程度は必要になってくると考えるからだ。

実際にダンパーを付けて70mを射ってみたが、良い射と悪い射の違いが弓の振動でわかりやすいような気がした。ダンパーはA-BOMDを使用しているが、もう少しやわらかめのV-ZEROダンパーの方が振動の取り方として良いと思われるので、次の機会に試してみたいと思う。

 

 

以上になります。

僕は個人的に道具を用意できないのもありますが、振動を数値化したものはあまり参考にしたことがありません。

アーチェリーの振動における問題はほとんど感覚の問題になります。これは矢が飛んで行った後に発生する問題です。(厳密にいうと違うのですが。。。)

ですのでこういった感覚の優れた方にお願いをしてい見ました。

もしこれを読んでいるあなたが私もレポートを書けるという場合は連絡をください。

実績を検討の上、ご依頼させていただくかもしれません。

(もちろん実績以外でもご依頼しますけども。点数が出る方の感覚だけでは意味がないので。。。)

 

 

 

では、

もう少し時間が出来ればカタログページの方にこのレポートも記載しておきます。

よろしくお願いします。