先日Archery Onlineに並行輸入品も含めて商品をアップしたことによって、

多くの問い合わせを頂きました。

その回答を含めて、並行輸入の解説をしてみたいと思います。

 

では、

解説します。

 

1、並行輸入とは。

国内の総代理店が輸入している商品を、別の業者が第三国にある同じ製造元の代理店から輸入すること。

(国語辞典で調べました)

今回はWIN&WINさんの商品を並行輸入させていただいております。

日本には総代理店とメーカーが指定しているショップが数件あります。

弊社FIVICS JAPANもそうです。WIN JAPANさんもそうですね。

世界には

FIVICS KOREA、FIVICS Spain、 FIVICS Italy、 FIVICS Thailand、 FIVICS Turkey、

WIN Europe、WIN USA、

などがあります。これらがその地域の総代理店になります。

その地域でショップを営んでいるにも関わらず、他国から商品を輸入することを並行輸入と言います。

日本ではFIVICSの商品を並行輸入されているのは

シブヤアーチェリーさん、ハスコエンタープライズさんなどが弊社の商品を並行輸入されています。

 

2、並行輸入は悪いことか?

これは別に悪いことではありません。弊社がシブヤさんやハスコさんを訴えたりしないように、これは法律上認められている行為です。

保証などの面で、差が少し出ててくる違いはありますが、同じ製品を同じ品質で手にすることができるので他の業界では多く行われています。

 

製品が製造されるところは同じでどのようなルートを通じて皆さん(お客様)の手元に到着するかで値段が変わる。というだけです。

%e4%b8%a6%e8%a1%8c%e8%bc%b8%e5%85%a5%e5%93%81%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6図1(簡単な解説図です。)

 

3、商品の品質に差はあるのか?

上記の図1にあるように品質には差は何らありません。

例えば、

FIVICSの並行輸入を買ったところで、すべての商品はFIVICSの韓国中国工場で製造されています。

日本に限定するとそこからFIVICS JAPANへ輸入されるか、渋谷アーチェリーさん(他社割愛)に輸入されるか、

そののち皆様(お客様)の手に到着するだけです。

そこで商品に差が出ることはありません。

これはWIN&WINでもEASTONでもどのメーカーでも同じことです。

図1の文末にもあるように、

【A社取り扱うX社並行輸入品が粗悪品】

というならば

【X社は粗悪品を製造出荷している。】

【世界中どこの代理店を通して購入してもX社の製品には粗悪品がある。】

となるわけです。そんなこと馬鹿げてますよね。

中には

【工場が違うんだよ】

という人もいらっしゃるようですが、いちいち粗悪品を作るためだけの工場を作るメーカーがいたらあってみたいですね笑

 

ということで差が出るのは検品くらいでしょうか?

どちらのルートが検品がしっかりしてるかは皆さん(お客様)の判断次第ですが。

 

 

といった感じです。

参考にしていただければ幸いです。

 

最後に。

もしもっと法的にどうなんだ?アーチェリー業界法律的に大丈夫なの?

と業界の心配をしてくださる方がいらっしゃれば、下記のリンクから調べてみてください。

公正取引委員会

お読みいただき、お調べいただければ私の意図する意味をわかっていただけると思います。

これでも法学部法律学科出身ですので。