皆さんこんばんは。

僕はおなかが減りました。

 

そんなことはどうでもいいです。

皆さん弓のチューニングをちゃんとやっていますか?

ストリングハイト、上下ティラー差は推奨値だから大丈夫。

とか言っていませんよね。

いや失礼しました。ほとんどの方がそうだと思います。

しかしこれは間違いです。(厳密にいうと間違いではないのですが、、、)

メーカーさんの推奨には幅がありますよね?

それは自身にシューティングフォームにあった位置を探してくださいということなのです。

簡単に考えてみましょう。

 

A君

取りかけが第2関節くらいのの取りかけ。

 

B君

取りかけが指の先端くらいの取りかけ。

 

この二人が全く同じチューニングの弓で大丈夫でしょうか?

そんなわけないですよね。

チューニングは人によって変えなければなりません。

それがアーチェリーの醍醐味だと僕は思うのですが笑

 

 

では、

皆さんがしっかりとチューニングに取り組まれることを祈って。

お休みなさい。

いい夢を。

 

 

P.S.

Jack Johnson-【I Got You】

このアーティストの曲はゆったりしてて好きですね♪