Menu

【韓国?のトラディショナル弓②】

Leave a comment


昨日のブログの続きを。

昨日のブログを簡単に説明すると。。。
1600年から続くアーチェリーショップで伝統弓を買ってきた【旅芸忍 銀太郎】さんが弓をもってやってきた。

の続きです。

銀太郎さんはまだモンゴルの伝統弓もお持ちで今度もってきてくださるそうです!僕はめっちゃ楽しみです。
そして昨日は韓国の伝統弓と思われる弓の弦を製造しました。
通常の弦と比べてかなり短い。約46inch。
ジグを使って作るのも大変でした。そして痛恨のミス。
完成したが、、、
この弓、ループ(弦の輪っかの部位)をかけるとこ長くね。。。

本来は輪っかの長さを1-2inchくらいにするようです。
銀太郎さんには実射していただいて【影響はない】との言葉を頂いたので良かったですが、プロとしてはちょっと悔しかった。。。

次回の依頼の際にはもう少し韓国、モンゴルの伝統弓を勉強をして対応できるようにしておきます!


あと、
銀太郎さん。
矢を自分で作ってはるんですよ。
まじで凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)