友人から相談があり、調査を開始。

海外のコーチの体験やプロショップのコラムより引用

 

 

【ターゲットパニック】

簡単に言えば、射手がサイトを的に向け引いているときに、パニックに陥ったときです。通常、アーチャーはこの時点ではリラックスして自信を持っていなければならない。

しかし、ターゲットパニックが発生した場合は、射手は狙った的にサイトをもってきたり、的に近づくと早くリリースをしてしまう可能性が高くなる。多く場合は両腕の筋肉がリリースを想定して収縮してしまうことによる。
それは一貫してXに当たるものではない。
あなたがそれで苦しんでいるなら、ターゲットパニックを治すための第一歩がある。
それを修正せずにターゲットパニックを克服しようとすればするほどパンチリリースなどを患って悪化する可能性が高い。
あなたがサイトを的につけようしているとき、またはシューティングプロセス行っているとき、ではなく、
その時点でリリースすることを強くお勧めします。そうすると矢を放つ時間の間にあなたの筋肉の緊張に気付くかもしれない。
ターゲットパニックを起こした場合、多くの選手はすぐにうつのをやめるだろう。その代わりに彼らは次のことをするだろう。これはブランクベール、ブラインドベールシューティングと呼ばれる。
目標は狙いを定めずに矢を放つことです。あなたの唯一の焦点を合わせるのはショットプロセスとフォームである。多くの射手は目を閉じた状態で射ち、フォームに焦点を合わせます。目を開けているいないにかかわらず5ヤード未満の距離でシューティングしてください。
何週間か練習をして自分の身体でいい射形の形を理解してください。それからゆっくりと的をうつ練習に戻しましょう。しかし、5ヤードほどから初めて自分に徐々に自信を与えましょう。
もしターゲットパニックが再発すれば、戻ってまたやり直しましょう。